イベント・セミナー(2014年)

2014.05.21(水)-2014.05.23(金) アフターレポート
「人とくるまのテクノロジー展2014」出展

SCSKは、2014年5月21日(水)~5月23日(金)、パシフィコ横浜で開催された「人とくるまのテクノロジー展2014 新規ウィンドウ」に出展しました。

人とくるまのテクノロジー展は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者ための自動車技術専門展で、今回で23回目の開催となります。会場では各社から多種多様な講演や展示が行われました。

SCSKからは、「Ricardo社のMBDを活用した最新開発事例紹介―電動アシストターボ付エンジン/ドライブトレイン燃費改善」と題した講演を行うとともに、展示ブースでSCSKの自動車業界向けCAEソリューションとその他関連製品について来場者の皆様にご紹介しました。

開催期間中は、たくさんのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。

開催概要

主催 公益社団法人自動車技術会
日時 2014年5月21日(水)~5月23日(金) 10:00 ~ 18:00 (23日のみ17:00まで) 
会場 パシフィコ横浜

講演

  • 5月21日(水)
    15:30-16:00

    「Ricardo社のMBDを活用した最新開発事例紹介-電動アシストターボ付エンジン/ドライブトレイン燃費改善」

    SCSK株式会社 シニアエンジニア 森谷 隆之

    車輌設計・解析において今やCAEの活用は不可欠です。本セッションでは、世界中に拠点を持つ欧州最大の独立系車輌エンジニアリング・コンサルティング会社であるRicardo社が開発したMBD(Model Based Development)ソフトウェア「IGNITE」を用いて車輌開発を検討した最新事例についてご紹介しました。

    「IGNITE」では、走行負荷を与えた際のシステムパフォーマンスの予測や、トレードオフの調査、感度解析、設計空間探索、システム最適化、さらに試作やハードウェア開発前の仮想テストでシステム設計を数千回繰り返すことも可能です。設計範囲を効率的に検討することで、開発期間の短縮や品質の向上、コストの大幅な削減を実現します。

    SCSK株式会社
    シニアエンジニア 森谷 隆之
    講演会場の様子

展示ブース


展示ブースでは、SCSKが提案する自動車業界向けCAEソリューションや組込みソフトウェア品質改善ソリューション、その他関連製品を展示し、ご紹介しました。
あわせて、研究から生産に至るまで幅広く高精度な解析を可能にする解析ソリューションとSCSK独自の構造解析ソフトとのスムーズな連成事例などについてご紹介しました。

SCSKならではの充実のラインアップで、多くの来場者の皆様より高い関心をお寄せいただきました。

主な展示内容

展示ブースでご紹介した主な展示内容は以下の通りです。

※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部
TEL:03-5859-3012
E-MAIL:rs-sales@ml.scsk.jp