イベント・セミナー(2013年)

2013.12.11(水) 開催終了
ビッグデータに強い、SCSKの超高速サーバーソリューションセミナー
~ 「HA8000」+ 「Virident FlashMAXⅡ」による超高速サーバーのご紹介 ~

フラッシュストレージを効果的に利用する例は増加傾向にあり、特にビッグデータに対応するためのデータベース高速化用途や、仮想基盤における
I/Oボトルネックの解消する手段として注目を集めております。

SCSKは、業界で最高速と定評のある、サーバー内蔵タイプのPCI-e接続型フラッシュストレージ、ViridentのFlash MAXⅡをご提供しております。

今回のセミナーでは、Viridentのフラッシュストレージやソリューションをご紹介させていただくとともに、性能/機能を強化した新モデルサーバー、日立「HA8000シリーズ」と組合わせたアプライアンス(マッハストレージサーバー)を、検証結果を交えご紹介いたします。

今回のセミナーが、お客様の課題解決の一助となりましたら幸いです。

セミナー概要

主催 SCSK株式会社
協賛 株式会社 日立製作所
日時 2013年12月11日(水)  15:00-17:15 (14:30~ 受付開始)
会場 株式会社 日立製作所 ハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー13階
定員 40名
参加費 無料(事前登録制)

セミナープログラム

  • 14:30

    受付開始

  • 15:00-15:05

    オープニング

  • 15:05-15:45

    『ビッグデータやクラウドのシステム基盤向け「HA8000シリーズ」のご紹介』

    株式会社  日立製作所  情報・通信システム社

  • 15:45-16:25

    『Virident FlashMAXⅡと、
    マッハストレージサーバー(HA8000+Virident FlashMAXⅡ)のご紹介』
    ~どこまで高速化が実現できるか、検証結果をもとにご説明~

    SCSK株式会社 ストレージネットワークソリューション部 技術第四課 宮田 有二

    Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャを搭載した日立 HA8000と、幅広いラインアップ(※)を持つ、サーバー内蔵型 超高速フラッシュストレージ「Virident FlashMAXⅡ」の組み合わせソリューションをご紹介します。

    本セッションではベンチマークツールを使用したFlashMAXⅡの基礎性能と、データベース環境下で使用時の検証結果について、製品性能比較を交えながらご説明します。

    (※):物理容量 550GB~4.8TB。検証結果は、2.2TBカードでの検証を中心にご説明します。

  • 16:25-16:35

    休憩

  • 16:35-17:15

    『Virident のソフトウェアソリューションのご紹介、およびFlashMAXシリーズ
    活用事例のご紹介』

    SCSK株式会社 ストレージネットワークソリューション部 技術第四課 課長 遠藤 秀喜

    FlashMAXⅡを効果的に利用するためのソフトウェアソリューション、「FlashMAX Connect」をご紹介します(主な機能:キャッシング、HA構成、ネットワーク共有)。

    また、FlashMAXシリーズの導入効果が分かる活用事例をご紹介します。

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 本セミナーは定員制のため、お申込み多数の場合は、お申込み頂いてもご参加頂けない場合がございます。
その際は事前にご連絡させて頂きますので、予めご了承の程よろしくお願い申し上げます。

当社お問い合わせ先

SCSK株式会社
ITエンジニアリング事業本部 
ストレージネットワークソリューション部 
営業支援課
TEL:03-5859-3024
E-MAIL:stnw-support@ml.scsk.jp