イベント・セミナー(2013年)

2013.11.15(金) 開催終了
タブレット、スマートフォンの業務活用事例セミナー

スマートフォン、タブレットが普及し様々なシーンでの利用が進んでおります。
この普及については個人での利用のみならず、ビジネスシーンにおける業務効率改善などを目的とした導入検討が様々な企業で行われています。

本セミナーではWebシステムのモバイル端末対応をテーマにスマートフォン、タブレットの活用事例や利用に際して必要となる周辺ソリューションについてご案内させていただきます。

セミナー概要

主催 株式会社KSK
日時 2013年11月15日(金) 14:00~17:30 (開場 13:30)
会場 東京コンファレンスセンター・品川 402 (アレア品川 4階)
定員 100名
参加費 無料

プログラム

  • 14:00~14:05

    ご挨拶

  • 14:05~14:35

    シングルサインオンソリューション導入により加速するタブレット業務利用の拡大

    日本ヒューレット・パッカード株式会社
    テクノロジーコンサルティング統括本部
    IceWallソフトウェア本部
    越智 まゆ子 氏

    昨今のタブレットやスマートフォンの急速な普及に伴い、それらのデバイスから業務システムへのアクセスおよびシングルサインオン(SSO)案件が増加しています。
    このような背景を受け、日本HPとKSKではHP IceWall SSO×x-fitの連携検証を行い、ログイン画面などをスマートデバイスに最適化することを容易にしました。
    また、HP IceWall SSOを利用することで、業務システムへの利便性の高い、セキュアなアクセスが可能となり、更なるタブレット/スマートフォンの業務活用を支援します。

    本セッションではこれらの環境を実現するHP IceWall SSOの詳細をご紹介いたします。

    参考URL:
    http://h50146.www5.hp.com/products/software/security/icewall/sso/solution/xfit.html新規ウィンドウ

  • 14:35~14:45

    休憩

  • 14:45~15:15

    モバイルサイト開発で注意すべき事例

    株式会社KSK
    フレックス・ファーム ビジネスユニット
    濱野 吉明 氏

    Googleが提唱しているレスポンシブウェブに代表されるスクラッチでの開発。一方機種の多様性は増すばかりです。
    KSKでは実機検証サービスで年間1,000件以上のサイトを検証しております。そこで発生する不具合事例を紹介させていただきます。
    今後のスマートフォン・タブレットにおける課題を把握いただき、是非今後の開発の参考にしてください。

  • 15:15~15:45

    『x-fit』の最新の「バージョン 2.0」を使った
    簡単Webコンテンツ制作デモンストレーション

    株式会社KSK
    フレックス・ファーム ビジネスユニット
    開発チームリーダー 渡辺 忍 氏

    一般ユーザーのみではなく、多くの企業でスマートデバイスの利用が加速し、それらに対応すべく様々な方法でシステム開発を実現しています。 x-fitはよりコーディングと開発工数の削減をめざし、バージョン2.0を新たにリリースいたしました。

    このセッションでは、x-fit2.0の新機能の中心であるコーディングのデモンストレーションを実施いたします。スマートフォン、タブレットサイトの制作・運用をいかにx-fitが実現するか、その魅力をご紹介いたします。この前のセッションの不具合をx-fitがどのように解消するかご期待ください。

  • 16:15~16:45

    【流通業界事例】
    『PrimeContact × x-fit 連携』によるECモバイル対応の実現

    SCSK株式会社

    カスタマイズ前提のテンプレート型コンタクトセンター構築ソリューション「PrimeContact」。
    「PrimeContact」はSM(販売管理)、EC(ECサイト)、OE(受注応対)の3つのサービスにより構成され、相互にリアルタイム連携を実現し、各担当者が最新の情報を確認しながら業務を遂行できる環境を実現することで、業務効率を飛躍的に向上させることができます。
    ECサイトにおいてもスマートデバイスへの対応は重要な課題であり、スマートフォンからのアクセスに対するユーザビリティの向上が売上拡大に貢献します。

    本セッションではECサイトの観点からスマートデバイス対応の課題と解決方法をご紹介いたします。

  • 16:45~17:15

    【建設業界業務利用事例】
    業務システムタブレット対応の導入効果とメリット

    株式会社KSK
    建設ソリューション ビジネスユニット
    営業チームリーダー 山口 靖 氏

    全国のハウスメーカー様へ多数の導入実績のある『住宅建設業界向け統合管理システム住宅マネージャー』。
    数年前からHEMS(ホーム・エネルギー・マネージメント・システム)の導入が進み、施主からのアクセスがタブレットに移行してまいりました。
    また一方では、ハウスメーカーとしても従来のPCで処理を行っていた業務システムを外出先のタブレットやスマートフォンからアクセスし、効率的に処理をしたいといった要望があり、『住宅マネージャーとx-fitの連携版』をリリースいたしました。

    今年5月30日のリリースから導入いただいた企業様の実現したい要望・システム概要・導入後の効果についてご紹介させていただきます。

    参考URL:
    http://www.flexfirm.jp/information/158新規ウィンドウ

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


当社お問い合わせ先

SCSK株式会社
エンタープライズソリューション部
TEL:03-5166-1341
E-MAIL:flexfirm-sales@ml.scsk.jp