イベント・セミナー(2013年)

2013.10.25(金) 開催終了
ワイヤーハーネス・ホース・ケーブル設計者向け フレキシブルパーツへのデジタル推進のご提案
~IPS Cable Simulation 最新バージョンリリース~

近年、製造業における「ものづくり」は、3次元CAD、DMU、CAEツールなどを活用したデジタル検証による業務改革が進んでいます。その中でも、 ワイヤーハーネス、ホース、ケーブルなどのいわゆるフレキシブルパーツの製品開発においてはデジタル検証が遅れており、試作品による現物合わせなど後工程におけるアナログ的な検証が主流となっているため、製品リリースまでの時間短縮、コスト削減の足かせとなっております。

改善の余地が大きいフレキシブルパーツへのデジタル適用を推進し今後のさらなる業務効率化へお役立ていただくため、セミナーを開催させていただきます。本セミナーでは、開発元である fleXstructures社を招いて、欧州における導入事例のご紹介を交えながら、IPS Cable Simulation最新バージョンをご紹介させていただきます。

ご多忙の折誠に恐縮ではございますが、是非ご来場賜りたくご案内申し上げます。

Harness engine analyze

開催案内

主催 SCSK株式会社
協力 fleXstructures GmbH
日時 2013年10月25日(金) 14:00-16:50  (受付開始 13:30)
会場 SCSK株式会社 豊洲本社 14階 14C会議室
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
定員 50名 (事前登録制)
対象 ワイヤーハーネス・ホース・ケーブル設計者、及びシステム管理者
参加費 無料

セミナープログラム

  • 13:30-

    受付開始

  • 14:00-14:10

    ご挨拶

    SCSK株式会社
  • 14:10-14:40

    ケーブルシミュレーション適用のご提案

    SCSK株式会社

    ワイヤーハーネス、ホース、ケーブルをはじめとしたフレキシブルパーツの取り回し設計の重要性やケーブルシミュレーションの適用範囲・効果をご紹介いたします。

  • 14:40-15:40

    fleXstructures社ご紹介・欧州自動車メーカの導入事例ご紹介

    fleXstructures GmbH President / Dipl.-Ing. Oliver Hermanns 氏
    SCSK株式会社

    開発元であるfleXstructures社を招いて、すでに欧州で200ライセンス以上の導入実績が出ているケーブルシミュレーションの導入事例をご紹介いたします。

  • 休憩

  • 15:55-16:40

    IPS Cable Simulation最新バージョン・デモンストレーション

    SCSK株式会社

    計算アルゴリズムの刷新、ケーブルの自己干渉機能の実装、など大きく機能向上した最新バージョンをデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

  • 16:40-16:50

    質疑応答・アンケート記入

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 本セミナーの対象とならない方、同業他社の方は御断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部
デジタルマニュファクチュアリング部 セミナー事務局
TEL:03-5859-3008
E-MAIL:ips-info@ml.scsk.jp