イベント・セミナー(2013年)

2013.07.18(木)-2013.07.18(木) アフターレポート
「SAP Forum Japan Experience the Future of Business」出展(大阪開催)

SCSKは、2013年7月18日(木)、SAPジャパン株式会社主催により開催された「SAP Forum Japan Experience the Future of Business(SAP Forum) Osaka」に出展しました。

SAP Forumは、SAPジャパン社が年に一度開催する最大級のイベントです。2013年のSAP Forumでは、「ビジネスの新しい価値を再発見」をテーマに各社から多種多様なセッションが行われ、このたびの「SAP Forum Osaka」では、SCSKからは株式会社上組様をお招きし、「歴史ある総合物流企業がなぜ今この時期にSAP導入に踏み切ったか」と題したスポンサーセッションをお届けしました。

当日は、たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

開催概要

主催 SAPジャパン株式会社
協賛 SCSK株式会社
日時 2013年7月18日(木) 10:00-19:20 
会場 ザ・リッツ・カールトン大阪
〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25

スポンサーセッション

  • 14:00-14:45

    歴史ある総合物流企業がなぜ今この時期にSAP導入に踏み切ったか

    株式会社上組 情報システム部 次期システム推進課 課長代理 森鼻 規之様

    株式会社上組様は、1867年(慶応3年)の創業から培ったさまざまな物流ノウハウをベースに、輸送業務・梱包業務・通関業務から海運代理店業務まで、全物流業務を包括的に請け負う総合物流サービスを展開されています。同社では、グループ統一の基幹業務システム基盤としてSAP ERPを採用され、2012年10月に「グループ統合システム再構築プロジェクト(KGIS)」を立ち上げました。

    本セッションでは、まず、伝統ある総合物流サービス企業である上組様がSAP導入に踏み切った経緯として、KGISプロジェクトがキックオフに至るまでの企画構想、製品選定、社内でのさまざまな検討(求める効果の具体化、目的・ねらいの明確化など)についてご紹介いただきました。

    続いて、開発作業の効率化や海外拠点との連携など、同社の要望に応えるERPとして、豊富な導入実績を有し、多言語や各国法制・税制などグローバルにも対応可能なSAP ERPを選択したポイント、また、開発パートナーとしてSCSKを選定したポイントについてご説明いただきました。そのポイントの一つとして、低コストで業務効率向上を支援するSCSKのSAP導入テンプレート「Trade-kit新規ウィンドウ」についてご紹介いただきました。

    株式会社上組 情報システム部 企画開発課 主任 森鼻 規之様様 会場の様子
    株式会社上組
    情報システム部 次期システム推進課
    課長代理 森鼻 規之様
    会場の様子

※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


当社お問い合わせ先

SCSK株式会社
グローバルシステム事業本部
営業企画部
TEL:03-5166-2782