イベント・セミナー(2012年)

2012.09.27(木)
プライベートクラウド基盤とAMO活用によるSAP保守運用コスト最適化事例のご紹介

企業にとってITは必要不可欠な経営インフラである一方、IT予算の多くを占める運用コストの削減は、依然として解決したい経営課題の一つといえます。

本セミナーでは、ライオン様をお招きし、自社の取り組み事例としてプライベートクラウド基盤を活用したSAP保守運用コストの最適化についてご講演いただきます。また、ライオン様にもご利用いただいている当社クラウドサービス「USiZE」と、SAP保守運用コストの削減と品質向上を共に実現するAMOサービスをご紹介します。

本セミナーのポイント

  • 基幹システム(SAP)のプライベートクライド基盤へ移行による保守運用コストの削減
  • AMOサービスの活用によるSAP保守運用のコスト削減と品質向上
  • IT部門のリソース最適化
  • 運用支援ツールの有効活用

皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

セミナー概要

主催 SCSK株式会社
共催 SAPジャパン株式会社
日時 2012年9月27日(木) 14:30~ (開場 14:10~)
会場 SCSK株式会社 青山オフィス セミナールーム
〒107-0062 東京都港区南青山2-26-1(SCSK青山ビル)
定員 25名
対象 SAP ERP導入企業の情報システム部門の責任者様、運用担当者様
※ご同業者の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。
参加費 無料(事前登録制)

セミナープログラム

  • 14:10~

    開場

  • 14:30~14:35

    ご挨拶

    SCSK株式会社
  • 14:35~15:05

    ERPの保守運用コスト削減について

    SCSK株式会社

    開発環境や本番環境など複数環境の準備、また、それに伴うHW保守、ハウジング費用、災害対策、障害監視、セキュリティ、アプリケーションメンテナンスといった保守運用コスト。
    開発費用の数倍とも言われる保守運用コストを下げる為の方策についてご説明します。特に、アプリケーションメンテナンスに関しては、保守運用コストを削減した事例を交え、ご紹介します。
  • 15:05~15:35

    プライベートクラウド基盤『USiZE』のご紹介

    SCSK株式会社

    昨今のお客様ニーズとして、「所有から利用」への大きな変革が起きている中、クラウドサービスのご検討シーンは周知の事実となっております。
    お客様の業務特性、情報システムにより当然クラウドサービスの利用シーンはさまざまである中、弊社のクラウド基盤サービスのラインナップについて活用事例を踏まえながら、ご紹介します。
  • 15:35~15:45

    休憩

  • 15:45~16:30

    USiZEを利用したSAP保守運用コストの最適化

    ライオン株式会社

    パフォーマンス向上とコスト削減を実現した自社の取組みについてご紹介いただきます。

    • SAP会計システムをプライベートクラウドサービス基盤であるUSiZEへマイグレーションすることで、パフォーマンス向上と運用保守コスト削減を実現。
    • 更に、第二ステップとしてDBを次世代データ処理プラットフォームへ移行することで更なるパフォーマンス向上とコスト削減を実現。
  • 16:30~17:00

    SAPプロジェクト導入・運用負荷軽減ツールのご紹介

    SAPジャパン株式会社

    複雑化する情報システム構築において、プロジェクトリスクの軽減・利益率の向上等の課題が、益々顕在化しつつあります。
    弊社がご提供するプロジェクト導入・運用負荷軽減ツール群は、これらの課題解決の為のソリューションです。これまで多くのプロジェクトで、導入・保守運用作業の自動化等を実現し、売上向上、利益率増加、顧客信頼性維持を達成しています。
    本セッションでは、これらツール群の全体像を最初に説明し、次に、特に昨今フォーカスされている「SAP TDMS テスト環境構築ツール」「SAP QCテスト自動化ツール」について、具体的にご説明します。お客様のシステム構築プランニングに、是非この機会をご活用いただければと存じます。
  • 17:00~

    Q&A

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


当社問合せ先

SCSK株式会社
ビジネスソリューション事業本部
ビジネスソリューション部 セミナー事務局
TEL:03-5166-1470
E-MAIL:sap-seminar@ml.scsk.jp