イベント・セミナー(2011年)

2011.10.18(火) 開催終了
SCSK ラウンドテーブル海外システムにメスを入れたい!!

日本経済の停滞や将来の国内人口の減少予測により、グローバル企業のみならず、これまで日本国内を主戦場としてきた企業までもが、グローバル対応(海外進出、海外売上)を、生き残りのための必須要件としてきています。
これからグローバル対応を始める企業は、どのように投資を進めていくべきかについて、先行事例を踏まえつつご紹介いたします

アフターレポート

開催案内

主催 SCSK株式会社
共催 SAPジャパン、SCS上海
日時 2011年10月18日(火) 14:00~17:00 
会場 SCSK株式会社(CSKカンパニー西日本オフィス)
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル13F

セミナープログラム

  • 14:00-14:05

    ご挨拶

    SCSK株式会社 取締役常務執行役員 小川 和博
     
  • 14:05-14:35

    SAPグローバル導入事例紹介

    住友商事株式会社 IT企画推進部 副部長 阿部 一彦様

    海外35カ国へ標準システムの展開をされたご経験から、経営戦略にリンクしたIT施策としてのシステム見直し、グローバル展開を支えた秘訣などをお話しいただきました。

  • 14:45-15:15

    中国でのSAP導入最新事情

    SCS上海 副経理 束巍

    中国におけるSAP導入に関する課題をご紹介しました。中国特有の課題や法改正など、ローカル事情を考慮したシステム構築・運用時のポイントをご説明しました。

  • 15:15-15:45

    SAPグローバル展開ソリューション

    SCSK株式会社 グローバルソリューション事業部 飯田 洋一郎

    展開する国によって違う課題、考慮点(基準やルールなど)を経験に基づいた具体的なノウハウとしてご紹介しました。

  • 16:00-17:00

    ラウンドテーブル フリーディスカッション、懇親会

    海外展開に関するディスカッションが活発に行われました。リーズナブルな導入の仕方から、社内における経営層への提案の仕方まで、経営視点・技術者視点・ユーザー視点で多くの経験談やアドバイスが飛び交いました。
     

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


アフターレポート