人材育成

人材育成方針

近年、様々な業種のお客様から、競争力強化・グローバル化といった経営課題の解決を、時代のニーズを先読みした高い付加価値のITサービスによって支援することが、ますます求められてきています。そのため、こうしたサービスの創造・提供を担う社員の育成は、当社の企業価値を左右する極めて重要な要素になっています。

こうした認識に立ち、当社では、経営理念・行動指針に基づき、人材育成施策を推進しています。全社員の成長が企業の成長につながるという考え方のもと、充実したワーク・ライフ・バランスの推進と社員一人ひとりが自発的に成長し続ける仕組みを整備し、「働きやすい、やりがいのある会社」を目指しています。

SCSK社員の人材像

また、「SCSK社員の人材像」として、「1.経営理念を実現する人材」「2.マインド(人間力)とスキル(仕事力)両面に秀でた人材」「3.主体的かつ継続的に成長し続ける人材」の3つを掲げ、これらを体現できる人材の育成に取り組んでいます。

今後も、社員全員の成長=企業の成長と考え、社員の継続的なキャリア開発に力を入れていきます。

SCSK i-University

「SCSK i-University」とは、全社員に「継続的な学びと成長の機会」を提供するための枠組みであり、教育体系のほか、SCSKラーニングパークを活用したコミュニケーション活性化支援、仕組み・インフラを含む広義の全社統合的人材育成体系です。

社員全員の活躍がSCSKの成長をけん引するという考えのもと、社員一人ひとりの成長をバックアップします。

SCSK i-University

教育体系

研修に関しては4つのカテゴリを設定し、人事資格等級や専門性レベルに応じてマインド(人間力)・スキル(仕事力)両面の強化を目指したコンテンツを提供しています。「キャリア開発」は変化対応力や学習マインドを養成します。昇格や一定の年齢の節目で行わるコンテンツを含みます。「リーダーシップ開発」は人間力やマネジメントスキルを開発します。「専門能力開発」は職種に応じた技術力などの専門性を開発します。「ビジネス基礎能力開発」は汎用的なスキルを開発します。

また、各事業部門においては、全社共通教育を活用するとともに、事業戦略に応じた育成を両輪として推進しています。

教育体系図

(2017年度研修実績)

研修種類 述べ参加人数(概数)
①キャリア開発   900
②リーダーシップ開発   1,200
③ビジネス基礎能力開発   1,300
④専門能力開発 職種別研修 3,700
資格取得支援 1,100
中核人材・SCSKベーシック(Pro) 280
⑤グローバル リーダーシップ 60
ビジネス基礎能力 500
TOEIC受験 1,270
SCSKラーニングパークの開設

「SCSKラーニングパーク」は2015年10月に完成した、宿泊型の研修が可能な施設です。SCSKの中期経営計画における人材育成のコアとなる施設として、人間力向上とコミュニケーション活性化を目指します。

エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)

2016年9月から2017年9月までの1年間にわたって、女性ライン職5名を含む、次世代経営リーダー候補者15名を対象とした「エグゼクティブ・マネジメント・プログラム」(EMP)を実施しました。

このプログラムの目的は、一流を目指すSCSKの次世代経営リーダーにふさわしい経営者の心・技・体を学ぶことです。「心」の側面はリベラルアーツ(一般教養)を4ヶ月間徹底的に学び、「技」は社内外でのMBA系知識研修、「体」は現経営層との交流および受講者相互のフィードバックを通じ、互いに切磋琢磨しながら習得する内容になっています。

またプログラムのスタートアップとして、東日本大震災の被災地域(東北・岩手県)を訪問する合宿を行いました。参加者は実際に現場を訪問し、そこで発揮されたリーダーシップや復興にかける熱い思いを、現地のさまざまなリーダーから学びました。


EMP東北研修での復興工事現場訪問の様子
中核人材(高度専門職)育成・SCSKベーシック(Pro)

技術職・営業職の専門性は、研修で学んだ事を実務の中で活かしながら経験を蓄積していくことで、効果的に向上させることができると考えています。このコンセプトに基づき、研修とOJTを組み合わせた人材育成プログラムを実施しています。

中核人材(高度専門職)育成は2012年度からスタートし、これまでに100名を超える社員がプログラムを修了し、現場の第一線で活躍しています。また、2015年度にスタートしたSCSKベーシック(Pro)では、実務リーダークラスの社員およそ200名がプロフェッショナルとしての専門性強化のためスキル研鑽に取り組みました。

新入社員研修

当社では、情報処理の専門基礎能力を養成する研修や、業務スキル習得を目的とした研修のほかに、「寺合宿」や、働く意欲を持つ障がい者に社会参加の場を提供し自立支援を行う「東京グリーンシステムズ(tgs)との協働プログラム」などを実施しています。2017年度も当社グループ270名の新入社員が、両研修に参加しました。

寺合宿は、規則正しい集団生活を通じて、生活・精神・身体を整えるとともに、社会人としてのものの考え方を学ぶリベラルアーツ教育を目的に、tgs協働プログラムは、働くことや、仕事の目的、意義について考えを深めることを目的としています。

両研修を通じて、社会人としての自覚と責任を持ち、働くことが社会や自身のためにどれだけ重要な意味を持つのかについて、体と心で習得する場となりました。


tgs協働プログラムでの様子
グローバル研修・成果報告会の開催

グローバル・ビジネス機会創出・人脈形成およびグローバルプロジェクト要員を育成することをねらいとしたグローバル人材育成プログラムの活動成果報告と共有の場として、グローバル研修成果報告会を行いました。

TOEICスコアの3か月間での向上を競う「TOEICレベルアッププログラム」の表彰式、国内でのグローバルビジネススキル研修「Global Business Skills Training」の受講者によるスピーチコンテスト、海外派遣型研修3種類(インド、シンガポール、タイ)を受講したメンバーたちによる成果報告会を英語で行いました。研修受講者の上長が聴講者として参加し、報告に対して活発な質疑が行われました。


グローバル研修・成果報告会の様子

社員のキャリア形成

基本的な考え方

事業環境の変化がますます激しくなっている昨今、企業には新たなニーズにいち早く対応できる柔軟性が求められており、それに対応して、社員のキャリア形成も会社が一律に設定するのではなく、一人ひとりが自律的に判断し取り組んでいくことが求められています。
こうした中、当社では、社員一人ひとりがプロフェッショナルとしてのキャリアを自律的に積み上げていくことができるよう、上司との面談を通じてキャリア開発を支援する制度や、自らの意思で異動を申し出ることができる制度などを設け、会社としての支援を行っています。

今後も、こうした取り組みを通じて、社員が「働きやすい、やりがいのある会社」を実感でき、能力を最大限発揮できる環境整備に努めることを通じて、経営理念である「夢ある未来を、共に創る」の実現につなげていきます。

CDP(Career Development Plan)制度

目標管理制度(MBO)とCOD制度の関係

CDP制度は、社員が自らのキャリアについて考え、上司と面談を行う制度です。
上司が社員一人ひとりの意思・目標および組織の期待も踏まえて1~2年後の配置、役割・業務の割当を意図をもって行えることを主眼としています。

CDP制度は評価制度(MBO:management by objectives)と両輪で、人が持続的に成長し、事業に貢献しつづけるための重要施策と位置付けています。

人材公募制度・FA制度

当社グループでは、社員の成長と適材適所な人材活用のため「人材公募制度」(ジョブチャレンジ制度)を設けています。本制度は、人材を求めるグループ各社の各部署が全社に向けて募集をかけ、同部署への異動を希望する社員が応募できるよう定めたものです。年2回定期開催され、応募社員は募集部署による審査に合格すれば異動が決まります。

人材公募事務局

また、当社では個人のスキルアップやキャリア形成を支援する「社内FA制度」を設けています。本制度の利用により、社員は自らの経歴やスキルをアピールし、希望部署・業務を登録して売り込むことができます。希望部署からのオファーを受けた社員は、交渉を経て希望部署との合意に達すれば異動が確定します。

社内FA事務局

いずれの制度も所属部署の承認は必要なく、社員が自由に応募できるのが特長です。自分の仕事を選択できる環境づくりにより、社員のモチベーションを向上させ、長期的視野から人材力を高めていきます。

社員のキャリア形成に関する制度利用実績

社員のキャリア形成に関する当社の制度の利用実績は次のとおりです。

  2014年度 2015年度 2016年度
CDP制度 7,124名 7,253名 7,042名
人材公募・FA制度 82名 54名 60名