製造システム事業部門

お客様と共に成長し、我が国製造業の国際的な競争力強化に貢献します。

製造システム事業部門は、「お客様に寄り添ったサービスの提供」を基本方針に掲げ、グローバルな経営・業務システムの開発、保守・運用の提供により、我が国におけるものづくりの発展、お客様の企業価値の向上に貢献してまいります。

製造システム事業部門は、自動車業界、電子・電気機器業界、電機精密業界、食品・水産業界など多岐にわたる製造業のお客様向けに、業務プロセス全般におけるシステム開発、保守・運用をグローバル規模で提供しています。
製造業の根幹システムである生産・在庫管理、グローバルSCM(Supply Chain Management)はもとより、営業力強化に資する営業支援・販売管理システム、社内のコミュニケーション活性化・働き方改革を支援する情報基盤などにおいては、お客様に寄り添うことで培ってきた豊富な業務知識と高度な技術力をベースに、高品質なサービスを提供できることが特長です。

SCSKならではのサービス提供によりお客様の企業価値向上へ貢献
今後の取り組み

当部門は、「SCSKならではの『サービス』と『品質』を強みとし、日本の製造業を支える確固たるポジションを確立すること」を方針に掲げ、お客様の経営革新に貢献する取り組みを加速しています。
まず、お客様一社一社と真摯に向き合い、お客様のビジネスの理解を深めることに努めます。そして、お客様の経営課題に対し、共に悩み、共に考え、共に解決策を講じ、その解決策を示唆できる、真のパートナーとなり得る存在を目指します。
また、当部門の経験・知見とSCSKグループの総合力を活かし、当社ならではの「製造業向けサービス」を充実させていきます。一例として、社内に散在する商品情報の収集から管理、配信に至るプロセスを管理し、販売・マーケティングに効率的に活用することができるPIM(Product Information Management)システム、IoT(Internet of Things)技術を活用した迅速な経営判断を支援する経営ダッシュボードなどが挙げられます。
これらの取り組みを通じ、約1,000万人が働く我が国の主要産業である製造業のさらなる発展に貢献していきます。