ソリューション事業部門

AMOによるシステム開発、導入、保守、運用の新たなバリューチェーンの創出

ソリューション事業部門は、ProActive、SAP、Oracle、SalesforceなどのERPおよびCRMを中心に、開発・導入から保守・運用までのシステムライフサイクル全般をAMO(Application Management Outsourcing)サービスとして、お客様のビジネスの目的に合わせ最適な形で提供しています。
また、独自で先進的な超高速開発基盤を用いたプログラミングレス開発にも取り組んでいます。

ソリューション事業部門は自社開発パッケージである「ProActive(プロアクティブ)」をはじめ、「SAP」「Oracle」などのERP(Enterprise Resource Planning)パッケージや、「Salesforce」などのCRM、各種データ連携・分析ツールを中心に、システムライフサイクル全般を、独自のアウトソーシングサービスであるAMOサービスにより、お客様に合わせた最適な形で提供しています。AMOサービスとはお客様のシステムをSCSKの拠点よりリモートで保守・運用するサービスで、体系化されたノウハウをメニューから選択してご提供できることが最大の強みであり、システム関連費用で固定費となりがちな保守・運用コストを変動費化できることなどから、多くのお客様にご利用いただいております。
また、業務アプリケーションの「迅速な開発」「容易な運用」「柔軟な改善」を可能にするオリジナルの超高速システム開発・実行基盤「FastAPP(ファストアップ)」と、それを活用したクラウド環境も提供しております。

AMOによるシステム開発、導入、保守、運用の新たなバリューチェーンの創出
今後の取り組み

当部門では、中期経営計画の全社基本戦略に則り、知的財産・IT資産をベースにした、オリジナルサービスへの転換を加速していきます。お客様の業務を通じてノウハウを蓄積するとともに、テンプレート化してAMOサービスの拡大を目指します。
そのための基盤強化施策として、技術者のマルチスキル化を図り、人材のローテーション、リソースの再配置を行い、より高度で効率的なサービス提供が可能となるよう人材育成を図ります。
これらの取り組みを通じ、各サービスの連携をさらに高め、開発・導入・保守・運用などのサービス提供体制の充実を図ります。