ビジネスサービス事業部門

人材、業務ノウハウ、ITを組み合わせたサービスにより、お客様の業績拡大に貢献

ビジネスサービス事業部門は、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスの高付加価値化や検証サービスにおける製品・システム開発段階からの参入、ECサービスにおけるオムニチャネル対応に加え、デジタルコミュニケーションサービスの拡充や新規・成長分野への取り組み強化により、事業領域の拡大に努めます。

ビジネスサービス事業部門は、SCSKサービスウェア株式会社、株式会社ベリサーブ、SCSKプレッシェンド株式会社の3事業会社と、営業支援や新規事業の企画・推進を担う「事業推進グループ」で構成されています。
SCSKサービスウェアは、全国13拠点に展開するコールセンターやコンタクトセンターを基点にして、多様な業界向けに、テクニカルサポートやヘルプデスクサービス、デジタルコミュニケーションサービスなど、豊富なサービス提供実績と業務ノウハウを強みとした各種BPO業務を提供しています。
ベリサーブは、長年の実績と体系化された検証理論に基づく、車載システムやカーナビなどの自動車分野向けや、スマートフォンなどのモバイル通信機器、デジタル家電、医療機器や航空関連などの産業機器といった製品・システムの検証や、ネットワークシステムのセキュリティ検証、エンタープライズ向けのアプリケーション検証などを、開発サイドから独立した第三者の立場から行っています。
SCSKプレッシェンドは、ECトータルアウトソーシングサービスとして、ファッション・アパレルを中心としたお客様のEC(電子商取引)業務に関わる全ての領域についてのアウトソーシング受託事業を展開しています。ECシステムのサービス提供や、導入支援、首都圏3カ所にある「カスタマーサービス&ロジスティクスセンター」を拠点にしたバックオフィス業務やロジスティクス、さらにカスタマーサポート業務やコンテンツ制作などを提供しています。また、昨今の情勢や今後の時流に鑑み、ECに関する知見を活かしつつ、お客様のオムニチャネル戦略に適応したサービス提供を推進しています。

人間系による業務とITを組み合わせたソリューションにより、お客様が想定される以上のサービス品質や効率化を実現
今後の取り組み

当部門は、IT企業ならではのBPOサービスとして、人材と業務ノウハウ、ITを組み合わせたサービスを提供しています。お客様のコスト低減だけではなく、業務改善や品質向上、さらに営業活動そのものに対する直接的なアプローチによる収益拡大への貢献や新たな事業領域への展開を支援するなど、より付加価値の高いサービス提供を目指しています。
デジタルコミュニケーションサービスにおいて、お客様とエンドユーザーの最適なコミュニケーション手段になる各種チャネルの運用を支援しており、業務設計・制作から継続的なデータ管理・分析・改善まで、お客様満足度向上を実現するデジタル領域のマネジメントをワンストップで提供しています。また、検証サービスにおいて、製品やアプリケーションの開発プロセス全体のQCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)を向上させるため、要件定義や設計段階からの参入を推進しています。
今後も、蓄積された経営資源とIT基盤を活用し、「人材×業務ノウハウ×IT」によるサービスの高度化に向けた取り組みを一層進めていきます。